FX 入門する前にFXの歴史を知っておこう

FXという言葉は今では世間に浸透し始めていて、その手軽さや常に値動きを見ておかなければならないというデメリットなども少なく、副収入としてFX 入門する人も少なくありません。そんなFXですが、実はその歴史は思っているよりも長く、浸透し始める前から存在していました。

FXの歴史を辿ってみると、1998年まで遡ることができます。FXはもともと外国為替取引という位置付けにあり外国為替公認銀行というところが担当して行うという縛りがあったのですが、その縛りがなくなったのが1998年になります。つまり20年前にはFXという投資商品が日本に生まれていたのです。

FXは最近出始めた投資方法だと思われている方も多く、20年前からあるということを知ると少し驚きがあるかもしれません。しかし、FXがスタートして以来、悪く利用する業者も後を絶たず、なかなか世間一般的には浸透しませんでした。しかし、2005年の法改正により、悪徳業者が減少し、FXという投資商品が投資家だけではなく一般的にも浸透され始めたのです。このように、FXの歴史は20年前からスタートしていますので、この歴史を知った上でこれからFX 入門する方はぜひ投資を楽しんで下さい。